遊技機リサイクルシステム運用事例  
大和商事株式会社 TOPへ
 
当社が遊技機リサイクル協会へ台を委託するまでに行っている事
 
台の受け渡し   遊技機リサイクル管理伝票等の確認
   
 
  各項目、概要
   
● 台の受け渡し
受け渡し時は一時保管している遊技台や、取り付けられている引き取り台を外し、 ガラス・配線等を分類した後、運送業者の方とスタッフでトラックへ運び込む。
 
● 遊技機リサイクル管理伝票等の確認
納品時は一台一台の基盤・製造番号を確認した上、納品書にサインをする。 引渡し時は引渡し台の基盤・枠番号等確認し運搬会社の方にも確認していただきサインをする。
 
● 台帳管理
各店舗ごとの台帳があり、これにより今現在抱えている遊技台、廃棄台の情報 【購入日時、製造番号等】 が店舗ごとにすぐに分かるシステムになっている。
 
 
 
 業界の社会的責任を果たしていきたい。
 
 
メーカーの下取台以外の台を回収。
 
 
 
遊技機リサイクル協会 リンク
 
 遊技機リサイクル協会のリサイクルシステムは、遊技機製造メーカーと最終消費者であるホールが地球環境保全という目的を共有しております。
 排出台のリサイクル処理は手作業分別解体を完工し、パーツ・マテリアル(同じ素材に戻す)リサイクルを主とし、国内処理を共通概念としており、循環型経済社会の構築のみならずリサイクル作業を通し、高齢者および障害者の雇用を促進し社会貢献事業に寄与するシステムです。